FC2ブログ

熊本 太陽光発電 熊本利水工業株式会社

トップページへ > ニュース

ニュース

街の保険屋さん便り(保険による台風対策)

2015 / 08 / 28 ( Fri )12:05:09 | 保険 | トラックバック : -
台風15号による被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

今回の台風15号は、熊本県内では16年ぶりの記録的な強風で猛威をふるいました。
備えあれば憂いなしといいいますけれども、事前の準備というのは本当に大事です。

≪対策例≫
☆ 屋外にある植木鉢、バケツ、物干し竿などを一時的に待避させたり固定させる。
☆ 雨戸やシャッターをきちんと閉める。雨戸などがない場合は、ガムテープで窓ガラスが膨らむのを防ぐ。
☆ 停電に備えて、懐中電灯やラジオを用意する。携帯電話をしっかり充電しておく。
☆ 断水に備えて、ペットボトルの保存水を用意する。トイレ用の水を風呂場にためておく。


それ以外にも色々な対策はあると思いますが、保険による台風対策も非常に重要です。
 ・窓ガラスが割れてしまった
 ・屋根が壊れて、家の中が水浸しになってしまった
そんな台風災害から家を守る保険として『火災保険』があります。
保険の名前が火災保険なので、火事の時だけに保険金が支払われるイメージをお持ちの方も
中にはいらっしゃるようですが、風災もしっかり補償してくれます。

たとえば隣の家から飛んできた物によって自分の家屋が被害を受けたとしても、隣家に
賠償責任はありません。
自然災害による被害は、自ら保険に入って補償してもらうのが基本です。

ただ加入した火災保険によっては補償対象外となることもありますので、やはり保険の中身が
重要です。火災保険の種類、内容を要チェックです。

よくあるのが損害保険金額20万円以上でないと支払われないタイプの保険。
今は20万円未満でもしっかり補償してくれる保険商品もあるので、比較検討をお勧めします。

また損害を受けるのは建物だけではないので、家の中の物を守る『家財保険』も大事です。
そして今回のお問い合わせで多いのが、車の損害です。
車の場合は『自動車保険』から補償されますが、車両保険を付けていなければ全額自己負担
となります。

台風の季節はまだまだ続きますので、事前への備えとしての保険にどんな補償がついているのか
お早目にご確認ください。

ライフサロン熊本くすのき店 西村


| page top↑
| ホーム | 次ページ
 

FC2Ad

関連企業・関連事業リンク

WELL HOME

「ウェルホーム」公式サイト

WELL HOME

「BESS熊本」公式サイト

県営八代運動公園

「県営八代運動公園」公式サイト

LifeSalon

「ライフサロン」公式サイト